« 2014年05月 | メイン

2014年06月 アーカイブ

2014年06月03日

結婚相手を探すためにはSNSを利用するのが手っ取り早い

" 私は未婚ですからまさに結婚相手を探さなければならないのですが、今の時代に結婚相手を探すならば、SNSをうまく用いて結婚相手を探すのが手っ取り早いと私は思っています。

 SNSではハンドルネームなどを利用している人が多いので、なかなかリアルの付き合いにはならないパターンが多いですが、もしも自分の趣味に関するSNSであれば、それらを共通項としてまず出会いのとっかかりを作ることができます。

 いきなり知らない人と話したり、会ったりするのは勇気がいりますが、少しでも自分と同じ趣味がある人ならば、もう少し身近に接することができると思います。

 また、SNSでは、定期的にオフ会を開催しているものもありますので、そういったイベントも積極的に利用するべきです。結婚をするためには縁が大切ですが、それこそSNSのオフ会はその縁を紡ぐ大事な場所だと私は思っているからです。

 いずれにせよ、結婚相手を探すためには、内向的に引きこもるのではなく、SNSでも良いので、とにかく誰かとどんどんコミュニケーションをとっていくことが大切だと私は思っています。"

いつでも次の日には仲直り

"基本うちは夫婦喧嘩ってあまりしないのですが、子どもが産まれてから喧嘩をすることが増えました。
主人は基本気が短いほうですぐに怒るのですが、子どもが成長するとともに主人も父親として成長し、すぐに怒るとこは少なくなりました。
しかし息子も3歳をすぎ、最近プチ反抗期に突入し、どうでもいいことですぐに癇癪を起こすようになりました。
そして主人が遊んでいてもちょっとのことで癇癪を起して泣きだしたりするので、そうすると主人が「もういい!遊ばない!」と同じく怒り出すのです。
大人げないとは思いつつ、主人の気持ちもわかるので最初はフォローしてるんですが、一度怒るとなかなか機嫌を直さない。
そして息子に対してひどい態度をとり続けるので、ついには私もキレて夫婦喧嘩に発展します。

しかし昔は私も言い返したりしてましたが、最近ではひたすら無視しています。
何か言えば余計に血がのぼって喧嘩がひどくなるのがわかってきたので。
とにかく1日は無視し続け、そのまま寝ます。
そうするとたいてい次の日には反省した主人が謝ってくるので、そこで私が懇懇と説教をして仲直り、という感じです。
どれだけ喧嘩しても次の日までひきずることはほとんどないので、その点は助かってます。"

やっぱり授かりもの

"私はバツ1です。

最初の夫とは22歳の時に結婚し、7年間連れ添いました。
若いうちに子供を産んで育てたいと思っていたのですが、なかなか恵まれず、
結局はそれが一番の原因となって離婚してしまいました。

今の主人との結婚は31歳の時。
主人も子供を欲しがっていましたが、やはりなかなか授からず。
1回目の結婚の時と同じように不妊治療に通うことになりました。
でもやっぱりなかなか出来なかったんです。

やっぱり私には子供は産めないのか・・・

そう思っていた矢先、主人が軽い脳梗塞になり、
会社を3ヶ月休むことになりました。
私もこれを機会に仕事も辞め、
二人でのんびり旅行に行くのもいいかなって思って沖縄へ。

夫婦二人でゆっくりと過ごし、とてもリラックスして旅を楽しみました。

しかし。

旅行から帰ってきたら、
なんとなく体がだるくて月のものも来ないなあって思っていたんです。
最初は旅の疲れからきているのかも・・・とかいろいろ思っていましたが、
待てどくらせど生理が来ないので
もしかしたら・・・と思って検査薬で調べたら陽性反応が出ました!

もう奇跡かと思いました。

実は30代になって子宮内膜症、子宮ガンにかかり手術をし、
子宮に水がたまったりと入退院も繰り返していたので
半ばあきらめ状態だったので、本当にうれしくて号泣してしまいました。

今もその時の気持ちを思い出すと
本当に涙が出そうになってしまいます。

その後、初めての妊娠期間を無事に過ごし、
男の子を出産しました。

現在、小学校1年生。元気に育ってくれています。

子供はまさに授かりもの。心からそう思っています。"

About 2014年06月

2014年06月にブログ「宮城県の結婚相談所」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2014年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type